インタビュー

トレーダーを客だと思っている人の情報は簡単に信用してはいけない | うえちゃんさんインタビュー

投稿日:

今回インタビューに応じていただいたうえちゃんさんは、FXについての考え方を客観的な視点から考察し、ブログに綴っておられます。
今回はそのうえちゃんさんに、FXの世界の現実についてコメントをいただきました。

うえちゃんさん http://fx-osaka.com/

【過去に痛い経験をして自分用のルールができる】

―――うえちゃんさんはブログ内で「ルールを守る事が大切」とコメントしておられますが、もしFX初心者の方から「勝てるルールを教えて」と相談されたらどのように答えますか?

うえちゃんさん

まずは本などで当たり前のルールを覚える。
例えば車の運転。
信号が赤なら止まるなど、最低限の事故しないルールを覚えます。

そして次に経験積むためたくさん車に乗る。つまりトレード回数をこなす。
そこで何をすると事故る、つまり損をするのかが見えてきます。

見えてきたら自分なりのルールを作る。
ガチガチのルールじゃなくて守れそうなルールを作る。
それをPDCAで回し徐々に自分用のルールにしていく。
他から見れば厳しいルールを作っているなと思う事もありますが自分用なので大して厳しいルールではないはずです。

例えば、
通貨はドル円、ユーロドルのみ
時間はNYタイムのみ
外出中はしない

など過去痛い経験をすれば自ずと自分用のルールが出来ると思います。

 

―――「たくさんトレードをし、自分なりのルールを作る」とのことですが、自分のルール作りというのを面倒に感じる方は多いかと思います。
そんな方から「うえちゃんさんのルールをそのまま教えて」とお願いされたらどのように答えますか?

うえちゃんさん

教えることは出来ますが、それはあなたに合ったルールではないと答えます。

トレードにおけるルールは先ほどの車の交通ルールのように全員が一致するものあれば、その人の個性によって付け加えるルールがあります。

その個人でのルールは性格、生活スタイルを加味するものです。

 

【ルールを守るには、危機感と目標に対する熱い想いが必要】

―――また「ルールを守る事の難しさ」についても触れておられますが、単に決めたルールに従う事は難しくないイメージを持たれる方も多くおられます。
うえちゃんさんが思うルールを守る事の難しさを教えてください。

うえちゃんさん

大昔に良いお話を聞きました。
そのお話を・・・

みなさん収入を増やしたいと思ってるわけです。
サラリーマンの場合、収入を決めているのは会社です。

あなたの収入はこれだけですよ。
その代り何時に出社しなさい。
あなたの仕事はこれです。
このノルマを達成しなさい。
と会社に縛られてるわけです。

この上記のルールを守らないと収入は得られません、生活できません。
だからルールを守るわけです。

でも自分の収入の枠を自由にするということは自分で自分をマネジメントしないといけないのです。
先ほどの会社の縛りが全くありません。
何時にチャート見てもいいのです。
ノルマも自分で決めます。

そして基本的には兼業でやっておられるので生活を脅かすほどのお金に対しての危機感はありません。
そんな中、誰からも怒られるわけでもないのでさらに自分に甘くなってしまうのです。

ダイエットも同じです。
肥満に対して危機感 のある人はやります。
でも、見た目だけの問題で「やせたいなぁ」と軽い思いだとやはりルールを守っていくのは難しいと思います。

ルールを守るには、危機感と目標に対する熱い想いが必要だと思います。

 

【トレーダーを客だと思っている人の情報は簡単に信用してはいけない】

―――うえちゃんさんは「巷の情報はどれが本当の情報か全くわからない」との事で、騙されることのない情報を共有できるコミュニティを構築できればという思いからブログを書かれているとの事ですが、正しくない情報というのは例えばどのような情報を指すのでしょうか?

うえちゃんさん

間違っているとは言いません。
「1日5分で2万円」
「24時間出来る」
「誰でも簡単」
確かにそうです。

でも、これって誰が言ってるのかを考えないといけないんです。

だいたい上記のようなことを言ってるのは本、証券会社、商材なんです。
なんでそんなことを言うのかというと売りたいからです。
決してあなたに儲けて貰いたいからが第一ではないんです。

売りたい!というのが第一なのです。
もし本を買って儲けて貰いたいのが第一なら
「9割が敗者 ルールを守れる人しか勝てません」みたいなタイトルにしたら本は売れないと思います。
他もそう。証券会社で口座を作って欲しいから商材を買って欲しいから、入口を低く見せ魅力のあるようにしています。

巷にある成功例もそうですよね。
本や商材を購入したからって全員成功しないですよね。
でもたった一部の人でいいんです、その人が成功したらあたかも誰もが成功するように書くのです。

なんで?
だって会社は売りたいからでしょ。
トレーダーを客だと思っている人の情報は簡単に信用したらダメなんです。

 

【数年もすれば勝てるようになると思っていた】

―――うえちゃんさんは「メンタルを極めるためにはその手法が本当に勝てるのかどうかを徹底的に検証すること」とコメントしておられます。
相場経験のない方でも自分のトレードに自信を持って取引される方がおられますが、初めからメンタルが備わっている方はいないのでしょうか?

うえちゃんさん

難しい質問ですね・・・

根拠の無い自信、正直私もありました。
ある程度、なんでもそつなくこなす方なので数年もすれば勝てるようになると思ってました。

でもそんな自信をことごとく打ち砕かれました。
もちろん極一部の方でセンスを持っている方もいらっしゃるでしょう

でも多くの方は私含め凡人だと思います。
ということはFXという初めての体験、やはり経験を積んでしか得られないもんかと思います。

 

【人間の本能は主観的】

―――うえちゃんさんは「FXは事業と一緒で継続的に利益を上げるためには仕掛ける人にならないとダメ」「9割の人と同じことをやってたら負ける」と述べておられます。
ずばり、仕掛ける側というのは誰もが辿り着けるものなのでしょうか?

うえちゃんさん

もちろん誰にでもたどり着けるものだと思います。
ただ、簡単ではないかと思います。

日々生活していると概ね仕掛けられる側の位置にいます。
消費者
会社の社員
セミナー、勉強会の受講者

こういった普段の生活の中には会社として売上げを上げる仕掛けがたくさんあります。
それに何も考えず乗るだけだと仕掛けられた側になります、無意識です。
仕掛ける側の人間ならどうするかを意識するだけでも考え方が変わってくるかと思います。

 

―――仕掛ける側になる事は簡単ではないとおっしゃいましたが、例えばどのような事をこなさなければ仕掛ける側になれないのでしょうか?

うえちゃんさん

普段の生活でもよく客観的になれということですが、人間の本能ではどうしても主観的な考えになります。

それを意識的に客観的、仕掛ける側の意図を考える訓練が必要だと思います。
日常生活では基本的に受身、つまり仕掛けられる側が多いです。

だからこそ意識しないと仕掛ける側の考えにはならないと思います。

 

【どこまでFXを仕事として捉えられるか】

―――負けているトレーダーに足りないものは何だと思われますか?

うえちゃんさん

やはりプロの世界ですからイメージ、メンタルは大事かと思います。
そんな中、環境というのはとても大事な部分です。

もちろん生活環境や金銭的な問題もあるかと思いますが、かたやリビングの真ん中で子供が騒いでる中でトレードするのとトレードルームを持っているのとでは集中力が違います。

どこまでFXを仕事として捉えられるかと思います。
プロのトレーダーならどういうふるまいをするかを意識することが大事です。

 

―――ネット上の相談の中に「旦那がFXで貯金を溶かした」というコメントが散見されます。
余剰資金でのトレードならいいのかもしれませんが、大切な未来のお金に手を付けてしまう方は未だに多くおられます。
もしうえちゃんさんのお知り合いで家族を巻き込むほどに損失を出されている方がいれば、どのような言葉をかけてあげますか?

うえちゃんさん

そこが底では無い。
だからきっぱりと辞めるのか起死回生を目指すのかもう一度深く考えろ!と言いますね。

 

―――うえちゃんさん。本日はFXの厳しさが伝わる貴重なコメントをいただき、誠にありがとうございました。

-インタビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本人程FXに向いていない人種はいない | 井上さんインタビュー

今回インタビューに協力いただいた井上さんは、会社経営をしながら兼業でトレードをされているそうです。 そんな井上さんからFXについての厳しい側面についてコメントをいただきました。 井上さん http:/ …

no image

FXは負けるのが当たり前|ゆきひろさんインタビュー

大学生の時からトレーディングの勉強を始めたという著名トレーダーのゆきひろさん。 今回はそのゆきひろさんから、FXの厳しい現実について意見を伺いました。 ゆきひろさん http://yukihiro.h …

no image

モニターの向こうにいるのは百戦錬磨のプロトレーダー達|ボリセンさんインタビュー

若くして起業されたご経験をお持ちの兼業トレーダーのボリセンさん。 今回そんなボリセンさんから、FXの実態や過去のエピソードについてインタビューにお答えいただきました。 ボリセンさん http://ge …

no image

勝つトレーダーの手法にはチャートパターン認識を超えた領域のものが含まれている | ラーナーさんインタビュー

システムトレードの検証を続けながら、虎視眈々と裁量トレードの精度も追及し続ける兼業トレーダーのラーナーさん。 今回はそのラーナーさんから、システムトレード、そして裁量トレードの難しさについて貴重なコメ …

no image

自己高揚バイアス・自己奉仕バイアスという人間の心理 | Trader.kさんインタビュー

トレード歴10年目で現在は講師も務められ、全国に多数の生徒をお持ちのTrader.kさん。 今回はそんなTrader.kさんから、人間の心理を交えたFXの現実についてコメントをいただきました。 Tra …