新聞・雑誌・ニュース記事

巡回中にスマホでFX 秋田刑務所、看守を戒告処分

投稿日:2016年11月6日 更新日:

秋田刑務所(平岡聡所長)は4日、収容者の居室や作業場で持ち込みが禁止されているスマートフォンを使い、外国為替証拠金取引(FX)や私的なメール送信を繰り返し行うなどしたとして、同刑務所の男性看守(26)を戒告の懲戒処分とした。 同刑務所によると、男性看守は2014年5月4日から今年6月15日にかけ、1人で収容者居室を巡回中、FXの注文や決済を計264回、インターネットオークションへの出品と入札を各1回、妻や知人への無料通信アプリLINE(ライン)のメッセージ送信を計220回行うなどした。

秋田魁新報社 2016年11月5日掲載分

記事の方では、「持ち込み禁止の作業場でスマートフォンを使いFXなどを行った」とありますが、事件が発覚したのは、男性の制服のポケットにスマートフォンの充電器が入っているところを上司が見つけたことがきっかけだったそうです。

刑務所の聞き取り調査によると、「持ち込み禁止はわかっていたが小遣い稼ぎのために続けた」と話しているとの事で、インターネットオークションなども行っていたと報道されていますが、小遣い稼ぎに利用した取引のほとんどはFX取引であったことがわかっています。
該当の男性看守は今回の件で戒告の懲戒処分となっています。

ちなみに秋田刑務所は同年の7月と10月、看守が受刑者に対しいやがらせをしたり、「覚せい剤はどこで売ってるんだ」などと不適切な発言をしたとしてニュースで報じられており、いずれも秋田刑務所の平岡聡所長が「再発防止に努める」とコメントしています。
同じ時期に立て続けに問題があったことから、刑務所内の指導がしっかり行き届いていなかった可能性も考えられます。

今回の事件は、その刑務所内という規則の厳しい環境であったがために懲戒処分が下ったと考えられますが、一般企業内でも業務中にトイレ休憩などを頻繁に取り、FX取引に没頭してしまう方がいるとの情報も多数寄せられています。

ネット上ではそのような方に対し、「明らかに不自然」「FXトレーダー確定」などと会社の同僚や上司から怪しまれている現状が指摘されています。
このように周囲の人間からも怪しまれるほどFXにのめり込み、人間関係や本業に悪影響を及ぼす方も少なくありません。

もしもあなたの会社の同僚の中に同様の不自然な行動を取る方がいれば、それは仕事中にも関わらずFX取引をしているトレーダーなのかもしれません。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

元女性銀行員がFXで4億円着服

三井住友銀行の千葉県松戸市にある出張所で、女性の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして、6月に懲戒解雇されていたことが22日、関係者への取材で分かった。銀行は今年夏、千葉県警松戸署に …

no image

FXで高い運用益得られるとうそ 愛知県警、詐欺容疑で男逮捕

外国為替証拠金取引(FX)で成功している有名な投資家と連携することで高い利益を得られると偽り、運用資金をだまし取ったとして、愛知県警は13日、詐欺の疑いで、本籍名古屋市緑区、自称自動車販売会社社長星野 …

no image

無登録の業者100億円超の資金集める

札幌市の投資関連会社 「オール・イン」 が、金融庁に無登録で外国為替証拠金取引を行った上で、月30~40%の高配当をうたって全国約2万人の 会員から総額100億円超の巨額資金を集めていた疑いがあること …

no image

業者に電話がつながらない

金融庁は5日、外国為替証拠金取引(FX)を展開している「アルファエフエックス」(本社・ 東京都港区、植原正成社長)が、店舗を閉鎖し、役員の所在も確認できない状態になっていると発表した。同庁は同社が営業 …

no image

「FXで損失」と訴えた投資家敗訴 東京地裁

東京金融取引所が運営する外国為替証拠金取引(FX)市場「くりっく365」にドイツの銀行が誤った取引レートを提示したため損失が出たとして、投資家45人と1法人が銀行と取引所に総額2億円余りの損害賠償を求 …