新聞・雑誌・ニュース記事

銀行員が横領金でFX取引を行い溶かし尽くし自殺。

投稿日:2015年5月31日 更新日:

宮崎銀行が、都城営業部に勤務していた30代の男性行員が顧客から預かった資産を私的に横領した疑いがあるとして、調査を進めていることが29日、関係者への取材で分かった。額は1億円以上に上るとみられる。同行は31日に全店支店長会議を開いて事実関係を報告、週明けにも調査内容を公表する見通し。
(以下朝刊より書き起こし)
複数の関係者によると、男性行員は投資信託や保険を販売する預かり資産の業務を担当。その預かり資産を解約した金を使い込んだ疑いがあるとみられる。23日朝、宮崎市佐土原町内に止めてあった車の中で死亡しているのが見付かった。

車内には遺書が残されていることから、自殺とみられる。遺書には顧客の資産を、外国為替証拠金取引(FX)など私的な投資に流用した趣旨の内容も書かれていたという。

男性行員はこれまで都城営業部のほか、延岡営業部などで勤務している。同行は現在業務上横領容疑での刑事告訴も視野に事実関係を調査しているが、男性行員が死亡しているため、不明な点が多いと言う。同行は「事実関係の調査を進めている。現段階で話すことはできない」としている。

宮崎日日新聞 2015年5月30日掲載分

今回の事件は2015年5月21日、顧客の1人から銀行へ資産運用についての問合せがあったことから始まります。
銀行側で確認したところ問い合わせた顧客の金融商品が解約され、口座から約2900万円が無くなっており、担当者である窓口営業係長の36歳男性行員が口座から引き出していたことがわかったと言います。

男性行員は問い合わせがあった日の夜から行方が分からなくなり、5月23日朝、車の中で死亡しているのが見つかりました。
記事にもあるように車内には遺書が残されており、FX投資に流用した旨の内容が書かれています。

その後の調べで、別の顧客の口座からも約1億2100万円を引き出していたことが分かり、顧客2人の被害額は計1億5150万円に上るとの事で、この金額は過去宮崎銀行で起きた着服の中でも最も多い額だそうです。

今回の事件について、死亡した行員の名前は明らかにされていません。

遺書に残された内容が真実であれば、FXによる失敗で損失が膨らみ、後戻りが出来ない状況だったのかもしれません。
現在も投資がらみの事件は後を絶ちませんが、今回のケースはその中でも最悪の結末だったと言えます。
家族を残し自ら死を選ぶ他に道は無かったのでしょうか。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

常陽銀係長、1億4000万円着服 小切手払い戻し、FXの赤字補填

常陽銀行は8日、下妻支店融資係の男性係長(46)が1億4千万円を着服していたと発表した。係長は失踪中だが、同行は7日付で懲戒解職処分とした。 同行によると、元係長は知手支店(神栖市)に勤務中の平成22 …

no image

800万円の損失。主人にばれたら間違いなく離婚。

「元手がなくても大丈夫」「主婦でも簡単に毎月100万円」などと人気のFX(外国為替証拠金取引)。少ない元手にレバレッジ(てこの原理)を使って為替を売買するという金融商品だが、もちろん、勝っている人ばか …

no image

無登録の業者100億円超の資金集める

札幌市の投資関連会社 「オール・イン」 が、金融庁に無登録で外国為替証拠金取引を行った上で、月30~40%の高配当をうたって全国約2万人の 会員から総額100億円超の巨額資金を集めていた疑いがあること …

no image

大王製紙 井川会長84億円 FXに使い損しました

大王製紙の井川会長(47)が、大王製紙の子会社の数社から84億円に上る借金をしていたことが、子会社幹部からのタレ込みで表面化。会長は辞任したが、当問題について、特別背任容疑で東京特捜が動いている。大王 …

no image

豪ドルのナンピンで強制ロスカット

FX取引の豪ドル買いで、痛い思いをしたのは山井美江さん(仮名・40代)。「ナンピン買いで、安易に取引量を膨らませてしまった」とため息だ。 2014年にFXを始めた当初は、円安の波に乗って利益が出た。強 …