新聞・雑誌・ニュース記事

元女性銀行員がFXで4億円着服

投稿日:2016年12月23日 更新日:

三井住友銀行の千葉県松戸市にある出張所で、女性の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして、6月に懲戒解雇されていたことが22日、関係者への取材で分かった。銀行は今年夏、千葉県警松戸署に相談し、県警が捜査を始めた。

関係者によると元行員は、出張所で預金の払い戻しなどをチェックできる立場にあった。客の印鑑を偽造して、7年間にわたって繰り返し口座から金を勝手に引き出していた疑いがある。

元行員は外国為替証拠金取引(FX)の損失を穴埋めするために着服を繰り返していたという。

銀行の広報部は「警察に通報し、行内でも事実関係を確認している。捜査中なので何も答えられない」としている。

 

産経ニュース 2016年12月22日掲載分

今回の事件は記事のとおり、顧客の印鑑を偽造し、口座から勝手に現金を引き出していた疑いがあるとされており、該当の女性行員は2016年6月に懲戒解雇処分を受けています。
印鑑が変わっている事に気が付いた顧客が銀行側に訴えたことで横領が発覚しており、その顧客には全額弁済されている事がわかっています。

犯行の動機は「FXの損失を穴埋めするため」とあり、7年間に渡り合計4億円もの金額を着服するに至ったことを考えると、FXトレードでは継続して損失を出し続けていたのかもしれません。

今回の事件で疑いのある元女性行員の情報は明らかにされておらず、その事に対し「男性なら本名をさらして女性は明らかにしないのはおかしいのではないか」との声も上がっていますが、実際には刑事事件として立件されていないという理由が有力です。

調べによると元行員は30代で、記事にもあるように預金の払い戻しなどをチェックできる立場にあった事からベテラン行員であったと考えられます。
事件のあった松戸支店新松戸出張所は比較的小さい支店なので、顧客らはその女性行員と深い面識があってもおかしくはありません。
普段利用している町の銀行行員がそのような事件を起こしたことで、近隣の利用客はかなりの不安を煽られたのではないでしょうか。

三井住友銀行と言えば、2016年10月に東京都大田区の大森支店で被害総額11億円の横領事件が発覚したばかりです。
今回の件について銀行の広報部が「捜査中なので何も答えられない」と述べていますが、事件をスクープとして報じた週刊誌は、「6月に行員を懲戒解雇しながらも12月現在未だ事実確認中であることは問題であり、もみ消しの可能性もある」と述べています。

銀行側の真意は定かではありませんが、確かに同じ年に同じ銀行で2度も事件が発覚してしまった事を考えると、もみ消しを企ててもおかしくありません。

4億円もの着服がありながらも数年間に渡り発覚しなかった事実に対しネット上では
「数万円程度なら着服している行員がたくさんいてもおかしくないのでは」と疑いの声が上がっており、銀行側の信用に大きな波紋が広がっています。

誰でも簡単に始めることのできるFXで、一個人がここまでの騒動を巻き起こした経緯を振り返ると、FXがもたらす大きな影響力とリスクが見て取れる事件だったと言えるのかもしれません。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FX所得 1.4億円脱税容疑、海外移住の役員逮捕

静岡地検は9日、外国為替証拠金(FX)取引で得た所得約3億6800万円を申告せず、約1億4千万円を脱税したとして、シンガポール在住の会社役員、溝田耕治容疑者(37)を所得税法違反(脱税)容疑で逮捕した …

no image

無登録で投資勧誘疑い 元役員ら逮捕、15億円か

無登録でファンドの出資金を集めたとして、愛知県警は4日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、名古屋市中区の投資会社「アイエムビジョン」の元代表取締役や営業部長ら5人を逮捕した。捜査関係者への取材 …

no image

FXサイトを無登録営業、男ら4人逮捕 客960人が投資

外国為替証拠金取引(FX)のインターネットサイトを開設し、無登録で営業したとして、大阪府警サイバー犯罪対策課は9日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、大阪市中央区の会社社長の男(41)と元従業員 …

no image

無登録の業者100億円超の資金集める

札幌市の投資関連会社 「オール・イン」 が、金融庁に無登録で外国為替証拠金取引を行った上で、月30~40%の高配当をうたって全国約2万人の 会員から総額100億円超の巨額資金を集めていた疑いがあること …

no image

元公認会計士、資産運用で預かった30億円横領

管理を委託されていた特定目的会社(SPC)の資金約30億円を着服したとして、警視庁捜査2課は17日、元公認会計士で経営コンサルタント「エフコンサルティング」(東京・港、破産手続き中)元社長、二又正行容 …