新聞・雑誌・ニュース記事

FXに失敗、社福法人係長が1億3500万着服

投稿日:2013年6月25日 更新日:

鳥取県湯梨浜町でデイサービスセンター(通所介護施設)とグループホームを運営する社会福祉法人「信生会」(岸田専蔵理事長)が24日、経理担当の男性係長(37)が同法人の預金や施設利用料など計約1億3500万円を着服していたと発表した。

同法人は今月20日に係長を懲戒解雇し、業務上横領の疑いがあるとして県警倉吉署に被害届を提出した。

同法人の代理人の弁護士によると、係長は個人的に行っていた外国為替証拠金取引(FX取引)の損失穴埋めのため2010年1月から複数回にわたり、施設利用料など計約2230万円を着服。昨年6月以降は、架空の稟議(りんぎ)書を作成したり、届け出印の印影を偽造したりするなどの方法で、預金口座から計1億1280万円を引き出していたとしている。

係長は01年に同法人に採用され、08年から会計経理を担当。県の定期監査が予定されていた5月23日、着服を明かした手紙を職場に残して行方をくらましたが、3日後、愛知県内で見つかった。

係長は弁護士の聞き取りに対して着服を認め、「FX取引で利益を出して返済するつもりだった。迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪しているという。

読売新聞 2013年6月24日掲載分

今回解雇された職員は記事にもあるように、利用者から預かった施設利用料の着服、業者への架空の伝票や稟議書の作成、届出印の印影の偽造、など、様々な手口で着服を繰り返しています。
中には大胆にも法人預金口座から無断で現金を引き落としていたという情報も寄せられています。

この職員は2010年1月から2013年5月ごろまでの約3年半で1億3500万円もの金額を着服していますが、このように何年間も経理を一人きりで担当させ、それが原因で着服に至るというのはもはやお決まりのパターンと言えます。

FXで返済するつもりだったとの事ですが、着服で得た資金をFX取引きに回し、何もなかったかのように不正をもみ消せたという事例は聞いたことがありません。
着服を繰り返す段階で利益が出ていなかったと想像がつきますが、それ以前にFX取引きはギャンブルとは異なり、お金が必要な切羽詰まった状況で一か八かで勝てるものでもありません。

このようなFX絡みの事件は年々増加しています。
しかし大々的に報道される事件の多くは、あくまでも規模が大きいものや特殊なものしかありません。
規模の大小に限らず、全国のFXに関連する事件全ての件数を数えるとすれば、私たちが把握できる事例はほんのごく一分だと言えるのではないでしょうか。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

海外業者のFX取引で「詐欺」過去最悪

19日、国民生活センターでは海外業者を通じたトラブルが昨年より約30%多い132件が寄せられ、過去最悪と発表しました。 相談内容の多くは、インターネット上でFXの自動売買ソフトや自動売買システムなどの …

no image

FXで返すつもりだった

熊本県あさぎり町の上村土地改良区の男性元職員(37)が、組合員から集めた賦課金や国の補助金など計約1400万円を着服していたことがわかった。 元職員は4月30日付で懲戒免職処分となった。親族が全額弁済 …

no image

FX所得 1.4億円脱税容疑、海外移住の役員逮捕

静岡地検は9日、外国為替証拠金(FX)取引で得た所得約3億6800万円を申告せず、約1億4千万円を脱税したとして、シンガポール在住の会社役員、溝田耕治容疑者(37)を所得税法違反(脱税)容疑で逮捕した …

no image

FX詐欺グループ8人目逮捕 神奈川県警

【FXで詐欺容疑、投資会社社長ら4人逮捕 被害7億円か 】 神奈川、静岡、埼玉の3県警合同捜査本部は17日、外国為替証拠金取引(FX)の運用実体が無いのに高額の配当をうたって出資金をだまし取ったとして …

no image

FX詐欺117億円被害か 愛知県警、容疑の男2人逮捕

FX名目で集めた100億円、どこ行った 詐欺容疑視野 FX(外国為替証拠金取引)への投資名目で集めた約2億円を私的流用し、脱税したとして所得税法違反容疑で逮捕された会社代表らが、出資金100億円以上を …