新聞・雑誌・ニュース記事

コンサル社長を脱税容疑で告発 FX指南書など販売

投稿日:2007年6月3日 更新日:

外国為替証拠金取引(FX)の指南書の販売やネットビジネスのコンサルタントなどによる収入の一部を隠し、2007年までの3年間で計約1億3000万円を脱税したとして、コンサルタント会社「幸せwin」(東京・新宿)の大橋晃社長(48)が法人税法違反(脱税)などの容疑で東京地検に告発されていたことが3日、分かった。

関係者によると、大橋社長は売り上げの一部を申告せず、計約4億3000万円の所得を隠した疑いが持たれている。脱税した金を元手に自らもFXなどに投資していたが、損失も出ていたという。

日経ネット 2007年6月2日掲載分

こちらの報道で取り上げられている大橋晃社長は、事件当時はネット上で大橋ひかるというハンドルネームで活動したようです。

この会社は情報商材として、アフィリエイトで稼ぐ方法を販売したり、FXで儲かる方法を販売していていました。

FX情報商材の方は、「◆FX常勝バイブル◆ 100%の勝率で月間利益25%以上を稼ぐ究極のFXノウハウ!!」というタイトルで2万円以上の価格で販売していた模様です。

FX常勝バイブルでは、大橋氏の指示通りに取引をすれば毎月25%以上の利益が出ると謳っていたようですが、実態は、良くて10%程度の利益、ひどい場合には100万円以上の損失が出ていたという報告もあります。

しかも、100%の勝率と謳っていたにも関わらず、その著者である大橋氏は、脱税した1億3000万円を元手にしたFX取引で損失を出していた報道されており、バイブル自体の信憑性も怪しかったと言わざるを得ません。

この報道後、大橋晃を非難するブログが複数立ち上がり、最終的には裁判に発展し、100万円の賠償命令判決が出されました。当たり前の話ですが、バイブルにおいて100%の勝率を謳った点が問題視されたようです。

現在でも、ここまでひどくはありませんが、同様の情報商材も存在します。すべてが一概に悪いとは言えませんが、この事件のように信憑性の低い情報を高値で販売しているケースもあるため、もしそういった教材を購入する場合には慎重に判断するのが賢明です。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FX無登録で集金容疑 11億円規模か 大阪府警

外国為替証拠金取引(FX)運用での高配当を約束し無登録で出資金を集めたとして、大阪府警生活経済課と東署は10日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、大阪市中央区本町橋の資産運用会社「アドバンスト …

no image

横領容疑 ユニマット関連会社元役員を逮捕

ユニマットグループの関連会社の元役員の男が、別の関連会社から約740万円を着服したとして逮捕された。 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、ユニマットグループの関連会社の元役員・原宏明容疑者(51)。 警 …

no image

銀行員が横領金でFX取引を行い溶かし尽くし自殺。

宮崎銀行が、都城営業部に勤務していた30代の男性行員が顧客から預かった資産を私的に横領した疑いがあるとして、調査を進めていることが29日、関係者への取材で分かった。額は1億円以上に上るとみられる。同行 …

no image

FX、また脱税容疑 2億7千万円、元会社員を逮捕

外国為替証拠金取引(FX)などの財テクでもうけた約7億6000万円を申告せず、約2億7000万円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日午前、東京都豊島区の元会社員、小玉昭彦容疑者(64)を所得税法違反 …

no image

6400万円相当の金塊盗む 容疑の造幣局職員逮捕

東京都豊島区の造幣東京博物館から約6400万円相当の金塊を盗んだとして、 埼玉県警捜査3課と大宮西署の合同捜査班は19日、窃盗の疑いで、さいたま 市西区内野本郷、独立行政法人造幣局東京支局総務課専門官 …