新聞・雑誌・ニュース記事

海外業者のFX取引で「詐欺」過去最悪

投稿日:2014年6月20日 更新日:

19日、国民生活センターでは海外業者を通じたトラブルが昨年より約30%多い132件が寄せられ、過去最悪と発表しました。

相談内容の多くは、インターネット上でFXの自動売買ソフトや自動売買システムなどの広告を見て、購入し、海外のFX業者を通じて取引をし始めた後、得られた利益を取引口座から出金申請すると連絡が取れなくなるという内容。

相談者の被害額は平均500万円で、最高では6000万円の例もあったとのこと。

国民生活センターでは、業者が金融庁に金融商品取引業の登録をしている正規業者かあらかじめ確認することや、必ず儲かるというような宣伝文句を鵜呑みにしないように呼びかけています。

2014年6月19日掲載分

国民生活センターには年間500~600件ほどのFX詐欺に関する相談が寄せられています。
2016年に公開された相談件数は531件で、2010年以降ほぼ横ばい状態となっています。

主な相談内容は「口座から出金できない」「業者と連絡が取れない」というもので、その取引業者のほとんどは無登録営業である事が分かっています。

業者側はターゲットを安心させるために、契約直後は一度利益が上がったように見せかけておいて、その後大きな額を追加で入金させたあたりで連絡が取れなくなる、というのが常套手段です。

いずれも被害の入り口はインターネット広告や電話などによる勧誘です。

国民生活センターは消費者へのアドバイスとして、「必ず儲かる」のような謳い文句を信用しない、無登録の業者と契約しない、などの注意を呼び掛けています。

そもそも詐欺業者云々に関係なく、仕組みを何も理解せずに利益をあげられるほど、FX取引きは甘いものではありません。

全て自己責任で資金管理を徹底し、膨大な知識を得て初めて「勝てるかもしれない」程度の厳しい世界です。
FXを「簡単に稼げるおいしい話」のように考えている方はFXに近寄らない方が賢明です。

 

 

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

元女性銀行員がFXで4億円着服

三井住友銀行の千葉県松戸市にある出張所で、女性の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして、6月に懲戒解雇されていたことが22日、関係者への取材で分かった。銀行は今年夏、千葉県警松戸署に …

no image

近鉄子会社元社員を逮捕 大阪地検、10億円詐取の疑い

近畿日本鉄道子会社の「近鉄ビルサービス」(大阪市中央区)の運転資金計約10億5200万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は13日、元経理担当社員、逸崎良典容疑者(36)=奈良県橿原市、懲戒解雇=を …

no image

1億1千万円、勤務先で横領容疑=FX取引に、元経理担当を逮捕―京都府警

会社の現金計約1億1000万円を着服し、外国為替証拠金取引(FX取引)に使ったとして、京都府警南署は27日、業務上横 領の疑いで大阪市城東区新喜多、元会社員鈴木基起被告(44)を逮捕、追送検したと発表 …

no image

警官、偽名でローン申し込んだ疑い 「FXなどで借金」

偽名でカードローンを申し込もうとしたとして、大阪府警は9日、府警地域総務課巡査部長の村上聡容疑者(41)=京都市西京区=を詐欺未遂と有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕し、発表した。「間違いない。外国為 …

no image

元公認会計士、資産運用で預かった30億円横領

管理を委託されていた特定目的会社(SPC)の資金約30億円を着服したとして、警視庁捜査2課は17日、元公認会計士で経営コンサルタント「エフコンサルティング」(東京・港、破産手続き中)元社長、二又正行容 …