新聞・雑誌・ニュース記事

海外業者のFX取引で「詐欺」過去最悪

投稿日:2014年6月20日 更新日:

19日、国民生活センターでは海外業者を通じたトラブルが昨年より約30%多い132件が寄せられ、過去最悪と発表しました。

相談内容の多くは、インターネット上でFXの自動売買ソフトや自動売買システムなどの広告を見て、購入し、海外のFX業者を通じて取引をし始めた後、得られた利益を取引口座から出金申請すると連絡が取れなくなるという内容。

相談者の被害額は平均500万円で、最高では6000万円の例もあったとのこと。

国民生活センターでは、業者が金融庁に金融商品取引業の登録をしている正規業者かあらかじめ確認することや、必ず儲かるというような宣伝文句を鵜呑みにしないように呼びかけています。

2014年6月19日掲載分

国民生活センターには年間500~600件ほどのFX詐欺に関する相談が寄せられています。
2016年に公開された相談件数は531件で、2010年以降ほぼ横ばい状態となっています。

主な相談内容は「口座から出金できない」「業者と連絡が取れない」というもので、その取引業者のほとんどは無登録営業である事が分かっています。

業者側はターゲットを安心させるために、契約直後は一度利益が上がったように見せかけておいて、その後大きな額を追加で入金させたあたりで連絡が取れなくなる、というのが常套手段です。

いずれも被害の入り口はインターネット広告や電話などによる勧誘です。

国民生活センターは消費者へのアドバイスとして、「必ず儲かる」のような謳い文句を信用しない、無登録の業者と契約しない、などの注意を呼び掛けています。

そもそも詐欺業者云々に関係なく、仕組みを何も理解せずに利益をあげられるほど、FX取引きは甘いものではありません。

全て自己責任で資金管理を徹底し、膨大な知識を得て初めて「勝てるかもしれない」程度の厳しい世界です。
FXを「簡単に稼げるおいしい話」のように考えている方はFXに近寄らない方が賢明です。

 

 

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

銀行員が横領金でFX取引を行い溶かし尽くし自殺。

宮崎銀行が、都城営業部に勤務していた30代の男性行員が顧客から預かった資産を私的に横領した疑いがあるとして、調査を進めていることが29日、関係者への取材で分かった。額は1億円以上に上るとみられる。同行 …

no image

「デート商法」で高額ソフト売りつけ詐取 容疑の13人逮捕

交流サイト(SNS)を使い、異性を誘い出す「デート商法」で必ず利益が出ると嘘をつき、株価指数先物取引などの自動売買ソフトを高額で売りつけたとして、大阪府警は28日、大阪市西区のソフトウエア販売会社「W …

no image

コンサル社長を脱税容疑で告発 FX指南書など販売

外国為替証拠金取引(FX)の指南書の販売やネットビジネスのコンサルタントなどによる収入の一部を隠し、2007年までの3年間で計約1億3000万円を脱税したとして、コンサルタント会社「幸せwin」(東京 …

no image

「すぐに億万長者」FXで儲かると450万円詐取 容疑で男女4人逮捕

外国為替証拠金取引(FX)への投資をかたり現金計450万円をだまし取ったとして、兵庫県警三木署などは12日、詐欺容疑で、福岡市南区柳河内、無職、山下亮容疑者(40)と母親で食品販売会社役員、永瀬照子容 …

no image

FXソフト存在せず 容疑者「借金返すため」 

札幌市に本社があった投資関連会社オール・イン(甲府市)による外国為替証拠金取引(FX)をめぐる詐欺事件で、逮捕された元専務で無職小原寛也(かんや)容疑者(42)=神戸市長田区東尻池町4=が逮捕前の事情 …