新聞・雑誌・ニュース記事

横領容疑 ユニマット関連会社元役員を逮捕

投稿日:2016年10月27日 更新日:

ユニマットグループの関連会社の元役員の男が、別の関連会社から約740万円を着服したとして逮捕された。

業務上横領の疑いで逮捕されたのは、ユニマットグループの関連会社の元役員・原宏明容疑者(51)。

警視庁によると、原容疑者は別の関連会社から委託を受け経理業務を担当していたが、去年3月から4月の間に、オンラインシステムを不正操作し、この関連会社の預金口座から自身の個人口座に送金する手口で約740万円を着服した疑いが持たれている。

原容疑者は容疑を認めていて、「FX取引などで失敗して借金返済にあてた」などと話しているという。

警視庁は、原容疑者が同様の手口でユニマットグループの関連会社数社から数千万円を着服した疑いもあるとみて調べを進めている。

日テレNEWS24 2016年10月26日掲載分

ユニマットグループはもともとオフィスコーヒーサービス事業から始まり、現在では介護、調剤薬局、リゾート、ブライダルなど、幅広い事業で活躍しています。
今回逮捕された原宏明氏ですが、ユニマットグループの関連会社で取締役や監査役を務めていた経歴があります。
逮捕当時は関連会社で経理担当の取締役だったとの情報もあり、一般的にしっかりとした収入があったと予想できます。

事件の動機は「FX取引などによる借金返済」とあるため、FXを始めるまでは特に不自由のない生活を送っていたのかもしれません。

FXでの取引期間がどれくらいかは分かりませんが、長年勤めている会社で大きな不正を行うほどに追い詰められた経緯を考えると、短期間の取引で借金が一気に膨らんでしまったのではないでしょうか。

いずれにしても、原宏明氏を逮捕に導いた大きな分岐点はFXとの出会いだったと言えるのかもしれません。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1億1千万円、勤務先で横領容疑=FX取引に、元経理担当を逮捕―京都府警

会社の現金計約1億1000万円を着服し、外国為替証拠金取引(FX取引)に使ったとして、京都府警南署は27日、業務上横 領の疑いで大阪市城東区新喜多、元会社員鈴木基起被告(44)を逮捕、追送検したと発表 …

no image

常陽銀係長、1億4000万円着服 小切手払い戻し、FXの赤字補填

常陽銀行は8日、下妻支店融資係の男性係長(46)が1億4千万円を着服していたと発表した。係長は失踪中だが、同行は7日付で懲戒解職処分とした。 同行によると、元係長は知手支店(神栖市)に勤務中の平成22 …

no image

海外FX8億円超被害、投資金引き出せず

英国の証券会社による運用を売りにした外国為替証拠金取引(FX)への投資を巡り、指定口座に入れた現金の引き出しに応じてもらえず、全額を失ったとする申告が佐賀など31都道府県の約80人から寄せられ、計約8 …

no image

隠れ借金が原因で離婚危機

1月15日、スイス中央銀行が対ユーロで市場への無制限介入(スイスフランを売ってユーロを買う)を終了しスイスフランが急騰。予想外の事態に多くの投資家たちが痛手を受け、日本人投資家では1億円以上の損を出し …

no image

FX7億2600万所得隠し 西宮市元職員と両親

兵庫県西宮市の元職員の女性(33)と両親の3人が平成15~17年の3年間で、外国為替証拠金取引(FX)で得た所得計7億2600万円を隠し、約2億5000万円を脱税していたとして、大阪国税局が大阪地検に …