新聞・雑誌・ニュース記事

出資法違反容疑でコンサル会社社長逮捕 愛知県警

投稿日:2012年10月4日 更新日:

外国為替証拠金(FX)取引などの名目で一般投資家らから不正に資金を集めたとして、愛知県警生活経済課などは3日、名古屋市熱田区六野1、コンサルタント会社「プレジデント・トラスト」社長、安藤光志容疑者(37)を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕した。県警によると、安藤容疑者は「金を借りていただけ」と否認しているという。

県警によると、2009年1月から昨年7月までの間、全国12都府県の計435人から約25億円を集めていたとみられる。うち、約16億円を実際に証券会社などに委託して運用。しかし、昨年3月ごろには配当が滞るようになり、県警は自転車操業状態に陥ったとみている。

逮捕容疑は11年1~6月、法律に定められた業者ではないにもかかわらず、名古屋市守山区の男性会社員(28)ら2人に毎月の配当と元本保証を約束するなどし、1000万円の投資資金を集めていた疑い。

日本経済新聞 2012年10月3日掲載分

捜査関係者の調べにより、安藤光志氏はSNSを使い出資者を増やしていたことが分かっています。
知人の紹介などで投資家を集め、SNSに「この人にお金を預ければ間違いない」などと書き込み評判を集めていたそうです。

安藤氏の暮らしぶりは豪華なもので、常に高級品を身に着け、財布にも絶えずたくさんの現金を入れており「お金を預けてくれたらすぐにこんな暮らしができます」と投資を勧めたといいます。
さらに出資者に対して安藤氏は「逃げも隠れもしない」などと話し、自分の住民票や免許証のコピーを手渡して信用させていたとの事です。

2013年3月5日に安藤氏の判決公判が名古屋地裁で行われ、安藤氏には懲役2年、執行猶予4年の判決が言い渡されました。
執行猶予を付けた理由として「1千万余りが返金されており、今後も返金を続けていくと述べている」との意向を考慮した判断であるといいます。

今回の事件で全国の435人から25億円を集めたと報じられていますが、webでの悩み相談サイトにも「安藤氏に渡したお金が返ってこない」といった、被害に遭った方のリアルな投稿が寄せられています。

今回被害に遭った方は、有能な投資家を装った安藤氏に「元本は保証する」と投資を勧められ、うっかり信用してしまった方がほとんどですが、報道を見たネットユーザーたちは、
「元本保証なんて詐欺以外で遣うことのない謳い文句」
「元本を保証できるなら個人から出資を募る必要が無い」といった意見が寄せられています。

優れた投資家であれば、FXで運用する資金を自分に投資するよう勧めてくることはほぼありません。
そもそもこのような儲け話自体が回ってくることもまずありえないので、投資話の勧誘には注意が必要です。

 

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

勤務中に株取引 税務署員を懲戒処分 4年間で3千回以上

関東信越国税局は、勤務時間中に約4年間で計3千回以上、株取引をしたとして、県内の税務署に勤務する上席国税調査官の男性(58)を13日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。 同局によると、平成2 …

no image

元女性銀行員がFXで4億円着服

三井住友銀行の千葉県松戸市にある出張所で、女性の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして、6月に懲戒解雇されていたことが22日、関係者への取材で分かった。銀行は今年夏、千葉県警松戸署に …

no image

日本ヴェリータ FX詐欺疑い社長ら逮捕 福岡県警

外国為替証拠金取引(FX)への投資名目で現金をだまし取られたとして、福岡、熊本両県の13人が資産運用会社「日本ヴェリータ」(東京)などを相手取り、計約7300万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁久留米 …

no image

福岡FX出資金詐欺、エフ社元社長の実刑確定へ

【エフ社巨額詐欺:創業者ら起訴 会員から2330万円詐取--福岡地検】 資産運用コンサルティング会社「エフ・エー・シー」による巨額詐欺事件で、福岡地検は16日、エフ社の創業者で前社長の黒木博文(42) …

no image

岐阜・十六銀行春日井支店長代理、280万円横領「FX取引のため」

岐阜県警は15日、十六銀行(本店・岐阜市)の春日井支店(愛知県)の元支店長代理、田中健二容疑者(45)=岐阜市六条大溝=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。「FX(外国為替証拠金取引)に使った」と容 …