新聞・雑誌・ニュース記事

近鉄子会社元社員を逮捕 大阪地検、10億円詐取の疑い

投稿日:2010年5月14日 更新日:

近畿日本鉄道子会社の「近鉄ビルサービス」(大阪市中央区)の運転資金計約10億5200万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は13日、元経理担当社員、逸崎良典容疑者(36)=奈良県橿原市、懲戒解雇=を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。特捜部によると、同容疑者は容疑を認めている。

逮捕容疑は、同社の経理担当だった2008年4月~09年11月、計70回にわたり同社の銀行振込システムを不正に操作、自分名義の4口座に送金し計約10億5200万円を詐取した疑い。

同社によると、詐取したとされる資金の使途について、逸崎容疑者は「外国為替証拠金取引(FX)など個人的な投資の損失を穴埋めしようとした」などと説明していたという。

銀行振込システムは送金の際に経理担当幹部のパスワードが必要。同容疑者はシステム導入時の開発に携わっており、予備で作られたパスワードを不正に利用していたとみられる。

日本経済新聞 2010年5月13日掲載分

近鉄ビルサービスは1972年設立の、ビルやマンションの管理業を中心とした企業で、従業員数は2000人以上にものぼります。

逮捕された逸崎良典氏は同社で経理を担当しており、その立場を利用し取引先として自分の口座を紛れ込ませていたといいます。
記事のとおり振り込みの際は予備のパスワードを悪用していたとの事ですが、10億円以上もの大金を着服されるまで誰も気が付かないほど、杜撰な管理体制であったことが予想できます。

2010年9月21日、大阪地裁は逸崎氏に対し「FXで多額の損失を出し、負債を取り返そうとさらに資金を騙し取った身勝手な犯行」と指摘し、懲役8年の判決を言い渡しました。

FXの損失を埋めるために会社の金に手を出す事件では、どれも100%負けています。
容疑が明らかとなった際、犯行に及んだ人間は口をそろえて「あとで返すつもりだった」と言いますが、根本的に罪の意識が非常に薄いと言えるのかもしれません。
着服をして得た資金でFX取引をしても勝てない理由としては、「いついつまでに返さないといけない」という気持ちが精神状態を狂わし、トレードにマイナスの影響を与える事だと考えられます。
FXのために会社の金に手を出した段階で、結末は目に見えていたと言えるのではないでしょうか。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

横領容疑 ユニマット関連会社元役員を逮捕

ユニマットグループの関連会社の元役員の男が、別の関連会社から約740万円を着服したとして逮捕された。 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、ユニマットグループの関連会社の元役員・原宏明容疑者(51)。 警 …

no image

常陽銀係長、1億4000万円着服 小切手払い戻し、FXの赤字補填

常陽銀行は8日、下妻支店融資係の男性係長(46)が1億4千万円を着服していたと発表した。係長は失踪中だが、同行は7日付で懲戒解職処分とした。 同行によると、元係長は知手支店(神栖市)に勤務中の平成22 …

no image

銀行員が横領金でFX取引を行い溶かし尽くし自殺。

宮崎銀行が、都城営業部に勤務していた30代の男性行員が顧客から預かった資産を私的に横領した疑いがあるとして、調査を進めていることが29日、関係者への取材で分かった。額は1億円以上に上るとみられる。同行 …

no image

業者の違法勧誘で535万円の損失。60代女性

FXで多額の損失を被った宮城県利府町の60代の女性が 日本ファースト証券(東京)と担当社員に損失分と慰謝料など計約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、 仙台地裁は5日、同社に約595万円の支払い …

no image

海外FX8億円超被害、投資金引き出せず

英国の証券会社による運用を売りにした外国為替証拠金取引(FX)への投資を巡り、指定口座に入れた現金の引き出しに応じてもらえず、全額を失ったとする申告が佐賀など31都道府県の約80人から寄せられ、計約8 …