新聞・雑誌・ニュース記事

近鉄子会社元社員を逮捕 大阪地検、10億円詐取の疑い

投稿日:2010年5月14日 更新日:

近畿日本鉄道子会社の「近鉄ビルサービス」(大阪市中央区)の運転資金計約10億5200万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は13日、元経理担当社員、逸崎良典容疑者(36)=奈良県橿原市、懲戒解雇=を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。特捜部によると、同容疑者は容疑を認めている。

逮捕容疑は、同社の経理担当だった2008年4月~09年11月、計70回にわたり同社の銀行振込システムを不正に操作、自分名義の4口座に送金し計約10億5200万円を詐取した疑い。

同社によると、詐取したとされる資金の使途について、逸崎容疑者は「外国為替証拠金取引(FX)など個人的な投資の損失を穴埋めしようとした」などと説明していたという。

銀行振込システムは送金の際に経理担当幹部のパスワードが必要。同容疑者はシステム導入時の開発に携わっており、予備で作られたパスワードを不正に利用していたとみられる。

日本経済新聞 2010年5月13日掲載分

近鉄ビルサービスは1972年設立の、ビルやマンションの管理業を中心とした企業で、従業員数は2000人以上にものぼります。

逮捕された逸崎良典氏は同社で経理を担当しており、その立場を利用し取引先として自分の口座を紛れ込ませていたといいます。
記事のとおり振り込みの際は予備のパスワードを悪用していたとの事ですが、10億円以上もの大金を着服されるまで誰も気が付かないほど、杜撰な管理体制であったことが予想できます。

2010年9月21日、大阪地裁は逸崎氏に対し「FXで多額の損失を出し、負債を取り返そうとさらに資金を騙し取った身勝手な犯行」と指摘し、懲役8年の判決を言い渡しました。

FXの損失を埋めるために会社の金に手を出す事件では、どれも100%負けています。
容疑が明らかとなった際、犯行に及んだ人間は口をそろえて「あとで返すつもりだった」と言いますが、根本的に罪の意識が非常に薄いと言えるのかもしれません。
着服をして得た資金でFX取引をしても勝てない理由としては、「いついつまでに返さないといけない」という気持ちが精神状態を狂わし、トレードにマイナスの影響を与える事だと考えられます。
FXのために会社の金に手を出した段階で、結末は目に見えていたと言えるのではないでしょうか。

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

隠れ借金が原因で離婚危機

1月15日、スイス中央銀行が対ユーロで市場への無制限介入(スイスフランを売ってユーロを買う)を終了しスイスフランが急騰。予想外の事態に多くの投資家たちが痛手を受け、日本人投資家では1億円以上の損を出し …

no image

EU離脱で人身事故多発

英国のEU離脱が決まった先週24日、“人身事故”が大きな話題を集めた。午前中からJR総武線、京王井の頭線、阪急神戸線などで人身事故による運休や遅延が続出。離脱派の勝利が確定的となり、円相場が1ドル=9 …

no image

89歳を在宅起訴、所得10億円隠し

外国為替証拠金取引(FX)で得た所得を隠して脱税したとして、宇都宮地検は6日までに、所得税法違反罪で栃木県足利市、無職小川幸一被告(89)を在宅起訴した。所得隠しの総額は10億8000万円に上り、所得 …

no image

りそな男性行員役1億5500万円をFXで消失させ自殺。

りそな銀行は1日、東京都豊島区の池袋支店に勤めていた20代の男性行員が顧客から私的に集めた約1億5500万円を外国為替証拠金取引(FX)などの運用に回し、大半を消失させていたことを明らかにした。男性行 …

no image

FXで高い運用益得られるとうそ 愛知県警、詐欺容疑で男逮捕

外国為替証拠金取引(FX)で成功している有名な投資家と連携することで高い利益を得られると偽り、運用資金をだまし取ったとして、愛知県警は13日、詐欺の疑いで、本籍名古屋市緑区、自称自動車販売会社社長星野 …