新聞・雑誌・ニュース記事

FX損失穴埋めに7億円横領、元部長に実刑 山形地裁

投稿日:2011年9月15日 更新日:

山形市の建設資材会社から約7億円を着服したとして、業務上横領罪に問われた山形市鈴川町2、元取締役経理部長、塩野正孝被告(35)に、山形地裁は14日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

矢数昌雄裁判長は判決理由で「会社の預金残高を改ざんするなど計画的で巧妙な犯行だが、全財産の538万円を弁償に充てている」と述べた。

判決によると、塩野被告は数年前から始めた外国為替証拠金取引(FX)による損失を穴埋めするため、昨年1月から今年3月にかけて、同社の普通預金口座から現金約7億2千万円を引き出していた。

日本経済新聞 2011年9月14日掲載分

塩野氏は勤め先である建築資材販売会社の「三條物産」で預金口座や帳簿の管理を担当しており、その立場を利用して計74回、額にして7億2450万円もの莫大な金を横領しています。

山形地裁は塩野氏に対し「あらかじめ代表者印が押された払戻請求書を携帯したり、預金残高を改ざんする工作を行ったりするなど、背信性が高く計画的で巧妙な犯行」と厳しく断罪しています。

調べによると塩野氏は逮捕される10年ほど前から自己資金で投資をしており、FX取引を始めたのは数年前からだと言います。
記事では2010年1月から2011年3月にかけて会社の金に手を出していたとありますが、FX取引を始めた正確な時期は明らかにされていません。

いずれにせよ決して短くはない投資歴を持ちながら、塩野氏はFXを始めたことをきっかけに着服を繰り返すはめになった可能性が高いと言えるのではないでしょうか。
以前はどのような投資をしていたのか定かではありませんが、何年投資を経験してもFXには全く歯が立たないという為替の厳しい現実が想像できます。

結果的に莫大な金額を着服した塩野氏は、最終的に一発逆転にかけたギャンブルのように、後には引けない感覚に陥っていたのかもしれません。

 

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FX投資詐欺が多発 無届け業者横行 法的解決困難な例も

外国為替証拠金取引(FX)投資をかたって集めた金をだまし取るなどの詐欺事件が起きている。このほかにも、国民生活センターなどには多くのFXをめぐるトラブルが報告されている。「口座開設先は海外の金融会社」 …

no image

FX、また脱税容疑 2億7千万円、元会社員を逮捕

外国為替証拠金取引(FX)などの財テクでもうけた約7億6000万円を申告せず、約2億7000万円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日午前、東京都豊島区の元会社員、小玉昭彦容疑者(64)を所得税法違反 …

no image

元女性銀行員がFXで4億円着服

三井住友銀行の千葉県松戸市にある出張所で、女性の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして、6月に懲戒解雇されていたことが22日、関係者への取材で分かった。銀行は今年夏、千葉県警松戸署に …

no image

三井住友銀元副支店長を詐欺容疑で逮捕 被害11億円か

外貨預金取引のオンラインシステムを不正に操作し約一億九千万円をだまし取ったとして、警視庁は十二日、電子計算機使用詐欺の疑いで、三井住友銀行大森支店の元副支店長、南橋浩容疑者(54)=東京都新宿区下落合 …

no image

業者の違法勧誘で535万円の損失。60代女性

FXで多額の損失を被った宮城県利府町の60代の女性が 日本ファースト証券(東京)と担当社員に損失分と慰謝料など計約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、 仙台地裁は5日、同社に約595万円の支払い …