新聞・雑誌・ニュース記事

FX損失穴埋めに7億円横領、元部長に実刑 山形地裁

投稿日:2011年9月15日 更新日:

山形市の建設資材会社から約7億円を着服したとして、業務上横領罪に問われた山形市鈴川町2、元取締役経理部長、塩野正孝被告(35)に、山形地裁は14日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

矢数昌雄裁判長は判決理由で「会社の預金残高を改ざんするなど計画的で巧妙な犯行だが、全財産の538万円を弁償に充てている」と述べた。

判決によると、塩野被告は数年前から始めた外国為替証拠金取引(FX)による損失を穴埋めするため、昨年1月から今年3月にかけて、同社の普通預金口座から現金約7億2千万円を引き出していた。

日本経済新聞 2011年9月14日掲載分

塩野氏は勤め先である建築資材販売会社の「三條物産」で預金口座や帳簿の管理を担当しており、その立場を利用して計74回、額にして7億2450万円もの莫大な金を横領しています。

山形地裁は塩野氏に対し「あらかじめ代表者印が押された払戻請求書を携帯したり、預金残高を改ざんする工作を行ったりするなど、背信性が高く計画的で巧妙な犯行」と厳しく断罪しています。

調べによると塩野氏は逮捕される10年ほど前から自己資金で投資をしており、FX取引を始めたのは数年前からだと言います。
記事では2010年1月から2011年3月にかけて会社の金に手を出していたとありますが、FX取引を始めた正確な時期は明らかにされていません。

いずれにせよ決して短くはない投資歴を持ちながら、塩野氏はFXを始めたことをきっかけに着服を繰り返すはめになった可能性が高いと言えるのではないでしょうか。
以前はどのような投資をしていたのか定かではありませんが、何年投資を経験してもFXには全く歯が立たないという為替の厳しい現実が想像できます。

結果的に莫大な金額を着服した塩野氏は、最終的に一発逆転にかけたギャンブルのように、後には引けない感覚に陥っていたのかもしれません。

 

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

勤務中に株取引 税務署員を懲戒処分 4年間で3千回以上

関東信越国税局は、勤務時間中に約4年間で計3千回以上、株取引をしたとして、県内の税務署に勤務する上席国税調査官の男性(58)を13日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。 同局によると、平成2 …

no image

FXに失敗、社福法人係長が1億3500万着服

鳥取県湯梨浜町でデイサービスセンター(通所介護施設)とグループホームを運営する社会福祉法人「信生会」(岸田専蔵理事長)が24日、経理担当の男性係長(37)が同法人の預金や施設利用料など計約1億3500 …

no image

被害総額1億3000万円超か 振り込め詐欺容疑で男逮捕

息子を装って女性(60)に電話をかけ、「外国為替証拠金取引(FX)投資のための金が必要」などとうそをつき現金約300万円をだまし取ったとして、愛知県警捜査2課などは22日までに住居・職業不詳、高久昇容 …

no image

カード使い 容疑で道警巡査を逮捕

北海道警は7日、稚内署生活安全課巡査、平塚拓哉容疑者(26)=稚内市朝日3=を詐欺容疑で逮捕した。 容疑は7月12日、札幌市内の大型家電量販店で、支払う意思がないのにクレジットカードを使って腕時計、バ …

no image

800万円の損失。主人にばれたら間違いなく離婚。

「元手がなくても大丈夫」「主婦でも簡単に毎月100万円」などと人気のFX(外国為替証拠金取引)。少ない元手にレバレッジ(てこの原理)を使って為替を売買するという金融商品だが、もちろん、勝っている人ばか …