新聞・雑誌・ニュース記事

岐阜・十六銀行春日井支店長代理、280万円横領「FX取引のため」

投稿日:2015年10月15日 更新日:

岐阜県警は15日、十六銀行(本店・岐阜市)の春日井支店(愛知県)の元支店長代理、田中健二容疑者(45)=岐阜市六条大溝=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。「FX(外国為替証拠金取引)に使った」と容疑を認めているという。

県警によると、田中容疑者は同行関ケ原支店で渉外の担当をしていた2011年3月17日と8月9日、岐阜県関ケ原町の会社経営の男性(74)に投資信託を勧めるなどして、男性の預金通帳などを入手。出納担当の行員に払い戻し手続きをさせて、計約280万円を横領した疑いがある。

十六銀行は今年7月、田中容疑者が約4500万円を着服したとして懲戒解雇処分にし、9月に県警に被害届を出していた。

 

朝日新聞 2015年10月15日掲載分

今回の事件は2011年、関ケ原支店での横領が容疑となっています。
田中氏は渉外担当で、顧客に対し「定期預金をまとめないか」などと持ち掛け支払伝票を書かせていたそうです。
その後2015年6月、顧客からの問い合わせがきっかけで不正が発覚しました。
翌月には懲戒解雇処分を受け、2015年10月15日、業務上横領の疑いで逮捕されています。

2016年3月11日に行われた裁判で弁護側は「社会復帰をさせて被害額を全額弁済させるべき」として執行猶予付きの判決を求めましたが、それに対し裁判所は「借金返済のために着服したという動機は身勝手で安易、銀行員としての立場を悪用した常習的な犯行で酌量の余地なし」と指摘し、田中氏に懲役2年6か月の実刑判決が言い渡されました。

着服の動機として田中氏は「FXに使った」と述べていますが、2011年当時の段階ですでに借金を抱えていたのかは不明です。
最終的には借金返済のために犯行を繰り返し、計4500万円もの金額を着服したとありますが、悪事に手を染めた当初はどのような状況だったのでしょうか。
FX取引きで大きな損失が出たために犯行に及んだ可能性もありますが、損切りを避けるための追証金に充てたとも考えられます。

結果的に5年間犯行を繰り返し続けた経緯を考えると、FXの取引だけで過去の損失を取り戻すことは叶わなかったのではないでしょうか。
今回の事例は、FXの現実の厳しさを物語る事件だったと言えるのかもしれません。

 

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FX7億2600万所得隠し 西宮市元職員と両親

兵庫県西宮市の元職員の女性(33)と両親の3人が平成15~17年の3年間で、外国為替証拠金取引(FX)で得た所得計7億2600万円を隠し、約2億5000万円を脱税していたとして、大阪国税局が大阪地検に …

no image

システムトレードでいきなり失敗

「手間をかけずに稼げるかと期待したのですが、そうおいしい話はないですね」と語る森野一起さん(仮名・40代)。思惑が外れたのは、FXのシステムトレード(プログラムによる自動取引)だ。 通常のFXで、年間 …

no image

FX詐欺グループ8人目逮捕 神奈川県警

【FXで詐欺容疑、投資会社社長ら4人逮捕 被害7億円か 】 神奈川、静岡、埼玉の3県警合同捜査本部は17日、外国為替証拠金取引(FX)の運用実体が無いのに高額の配当をうたって出資金をだまし取ったとして …

no image

FXで高い運用益得られるとうそ 愛知県警、詐欺容疑で男逮捕

外国為替証拠金取引(FX)で成功している有名な投資家と連携することで高い利益を得られると偽り、運用資金をだまし取ったとして、愛知県警は13日、詐欺の疑いで、本籍名古屋市緑区、自称自動車販売会社社長星野 …

no image

海外FX8億円超被害、投資金引き出せず

英国の証券会社による運用を売りにした外国為替証拠金取引(FX)への投資を巡り、指定口座に入れた現金の引き出しに応じてもらえず、全額を失ったとする申告が佐賀など31都道府県の約80人から寄せられ、計約8 …