新聞・雑誌・ニュース記事

FXで返すつもりだった

投稿日:2015年6月20日 更新日:

熊本県あさぎり町の上村土地改良区の男性元職員(37)が、組合員から集めた賦課金や国の補助金など計約1400万円を着服していたことがわかった。
元職員は4月30日付で懲戒免職処分となった。親族が全額弁済することに同意したため、刑事告訴はしない方針。同区によると、元職員は1999年頃から会計を担当。昨年3月から今年4月にかけて、口座から現金を引き出す際に必要な払い戻し請求書を不正に作成するなどの手口で着服を繰り返したという。

町が4月に行った交付金の収支決算の審査で発覚。元職員は「FX取引(外国為替証拠金取引)でもうけたら返すつもりだった」と話したという。同区の浦上輝ひかり・理事長は「組合員や関係者に迷惑をかけて大変申し訳ない。再発を防ぐためチェック体制を強化する」とコメントした。

 

読売新聞 2015年6月19日掲載分

-新聞・雑誌・ニュース記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FXサイトを無登録営業、男ら4人逮捕 客960人が投資

外国為替証拠金取引(FX)のインターネットサイトを開設し、無登録で営業したとして、大阪府警サイバー犯罪対策課は9日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、大阪市中央区の会社社長の男(41)と元従業員 …

no image

常陽銀係長、1億4000万円着服 小切手払い戻し、FXの赤字補填

常陽銀行は8日、下妻支店融資係の男性係長(46)が1億4千万円を着服していたと発表した。係長は失踪中だが、同行は7日付で懲戒解職処分とした。 同行によると、元係長は知手支店(神栖市)に勤務中の平成22 …

no image

6400万円相当の金塊盗む 容疑の造幣局職員逮捕

東京都豊島区の造幣東京博物館から約6400万円相当の金塊を盗んだとして、 埼玉県警捜査3課と大宮西署の合同捜査班は19日、窃盗の疑いで、さいたま 市西区内野本郷、独立行政法人造幣局東京支局総務課専門官 …

no image

元女性銀行員がFXで4億円着服

三井住友銀行の千葉県松戸市にある出張所で、女性の元行員が顧客口座から計約4億円を着服した疑いがあるとして、6月に懲戒解雇されていたことが22日、関係者への取材で分かった。銀行は今年夏、千葉県警松戸署に …

no image

海外FX8億円超被害、投資金引き出せず

英国の証券会社による運用を売りにした外国為替証拠金取引(FX)への投資を巡り、指定口座に入れた現金の引き出しに応じてもらえず、全額を失ったとする申告が佐賀など31都道府県の約80人から寄せられ、計約8 …